ブログトップ

極太☆日記

gokubuto69.exblog.jp

ROCK'N ROLL CITY Sapporo で暮らす極太ロックバンド『D.O.G』のベース&ヴォーカル中嶋繁樹が綴るどこか極細☆な日常

羅臼出張旅


後から知りましたが同じ時期飼犬がヤラレて埋められたそうです。 shige☆D.O.G です!



お盆前後のふりかえりですが、
最果ての町、羅臼に向かいました。
あくまでお仕事です。



b0199097_12091960.jpg



羅臼の市街地から約24km北上して道々の終点、相泊港周辺に車を止めて
番屋が並ぶ海岸を2km程徒歩で進んだ辺りの現地調査!

こちら知床、当然ヒグマの生息地となっています。
事前連絡等により各方面から得た情報に依ると、
道々の終点、相泊港までは車で行けるがその先は漁師さんの番屋が並んでおり、
昆布漁のこの時期一般車両は入れない、というか入るな、と。

相泊港から仕事の目的地までは2km程。
海岸線を徒歩で向かう事になると。

そしてヒグマはチョクチョク姿を見せる地域であると。


・・・・怖ぇ。

・・・いや、怖くねぇ!


出発してすぐ、早朝の札幌中心部を徘徊するクマを見ましたので!



b0199097_09424270.jpg

ま、ワタクシも人の事言えないクマ具合ですが!


ズドーンと中標津まで走りまして、
現地に住むお友達から情報を得ていたお店でランチタイムです。


b0199097_05470720.jpg

「ズドーン」とか言って出発から2行で札幌から中標津まで来てますが、
距離にして380kmちょいあります。
内地の人には想像し難いスケールではないでしょうか。
「津軽海峡冬景色」の冒頭半分強と言えば分かりやすいでしょう!

カッテージチーズのフライが乗っかったカレーを食べました。
スパイシーなカレーを好んで食べるワタクシですが、
牛スネをじっくり煮込んだビーフシチュー寄りの優しいカレー。
美味でございました。


中標津で1件仕事がありましたが、ちょっと時間があったので観光をねじ込みます!


b0199097_05471031.jpg

開陽台!


b0199097_09540487.jpg

看板通り、地球が丸く見えます!
・・・と言いたかったですが。


b0199097_05471385.jpg

すぐさま仕事に戻ります。


中標津から1時間半程走れば羅臼です。


b0199097_05471794.jpg

b0199097_05491596.jpg

b0199097_05485114.jpg

ロングドライブで記録が雑になっておりますが、
遠く国後島がボンヤリと見えております。
こうなると抗いようも無く「知床旅情」を口ずさんでしまします。


なんだかんだで羅臼~相泊を3回往復しましたが、
何度歌ったことか!  ・・・孤独な一人旅です。


b0199097_10065304.jpg

陽が傾いて来ましたので仕事は翌日からとしまして、
相泊に向かう道すがら北浜地区にあるルサ フィールドハウスで情報収集。
一般の観光客が訪れない山や岬に入る旅人にルールやマナー、情報を教えてくれる施設です。


可愛らしい女性職員の方に対応頂きました。

「相泊から崩浜ですか。普通にヒグマが出る地域なので気をつけて下さい♡」

「気をつけるといいますと?」

「クマ鈴を付けたり手を叩いて歩けば至近距離で遭遇することはまずありませんよ♡」

「遠くに発見した場合は・・・?」

「小熊が一緒の場合は退避すべきですが、単独の場合は様子をみてください♡」

「・・・様子といますと?」

「ヒグマは表情豊かですので、警戒してたりすると分かりますので♡」

「・・・ヒグマの顔色を窺え、と?」

「はい♡ あとは・・・感を働かせてください♡」

「・・・・(ガビーン!!) 参考になりました。ありがとうございます!」



雨のロングドライブでもありまして、クラクラしてきたのでベースキャンプ設営!


b0199097_05485867.jpg

羅臼温泉野営場!

あくまでお仕事です。


雨と汗をサッパリ流そうと向かいにある熊の湯へGO!!


b0199097_05490376.jpg


b0199097_10293464.jpg
拡大して見れる方は是非見ておいてください。
ちょろい入り方をしていると、地元漁師にドヤされますので御用心!
ま、御用心と言うか、普通に風呂の入り方躾けられてから来いと言う事ですな。

基本無料となっておりますが、
熊の湯は毎朝地元の方が清掃して維持されております。
入浴十カ条の横に神棚があって募金箱が設置されております。
大人なら、ワカルヨネ!?

b0199097_05490722.jpg

一瞬貸切!


屋根も壁もない、森の中のあっついお風呂に浸かって
ふぅ~と疲れが取れましたね。(女湯には壁が設置されております)

翌朝は相泊~崩浜地区へ向かいますので早めに就寝です。


つづく












.

[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-21 10:46 | キャンプ | Comments(0)