ブログトップ

極太☆日記

gokubuto69.exblog.jp

ROCK'N ROLL CITY Sapporo で暮らす極太ロックバンド『D.O.G』のベース&ヴォーカル中嶋繁樹が綴るどこか極細☆な日常

カテゴリ:キャンプ( 70 )


さすがに電気が燈ったときはホッとしましたけれども! shige☆D.O.G です!


b0199097_10262303.jpg

9月頭に叔母の施設への転居があり、
その後の台風、今回の地震と続きまして
8月後半からワチャワチャな日々を過ごしておりました。

地震に関して色々と御心配頂きましてありがとうございました。
我が家は幸いノーダメージでしたが、
報道などで被害を見るにつけ悲しく残念に思います。

高校まで苫小牧で過ごしましたので、
今回被害の大きかった厚真、安平、鵡川方面には友人も多く、
一日も早いライフラインの復旧を祈りつつ、
微力ながら出来る事をして行こうと思う次第です。

安平に住んでおります母は、
いくつか物が落ちて割れたりしたようですが被害としてはその程度で、
ただ停電断水の復旧目処が立たない状況と言う事で札幌に住む弟の家に身を寄せています。


災害の度に繰り返し言われることですが、
やはり備えが大事だな、と。

我が家は今の家に引っ越した際、子供が赤ん坊だったこともあり、
入居時にタンスやら棚やらの大きな家具は固定してありまして
食器棚にあったガラス類も無傷。
停電が丸1日半以上続きましたが断水も無く、
日頃外で遊び惚けているキリギリスのような暮らしが役に立ち、
何一つ困ることもなく休暇となって空いた時間で部屋の掃除などをして
地震前より部屋が片付いた、という状況でした。


b0199097_10262463.jpg

なにより妻とお坊ちゃまが
『キャンプと同じだし、食べるものもそこそこあるよ。』と
これまた全く動じていない様子だったというのが頼もしかったです。

買い物も転居したばかりの叔母の生活用品補充でホーマックに行ったのと、
煙草が切れてコンビニに寄った程度。

コンビニは既に棚が空っぽだったのでそうでもなかったですが、
ホーマックはオープン時間に行ったら既に行列でちょっとした買い物に1時間かかりました。
停電中だったので店内は真っ暗で、
必要な商品を紙に書いて店員さんがカゴに入れて持ってきてくれました。


b0199097_10262497.jpg

焼肉台と炭を買って行く人がけっこういて、
ああ、冷凍庫で解けかけた食材を焼いて食うのかな、と。
普段やらない家には無いんだなー、と。

SNSなどで友人達の無事を確認してホッとしたのも束の間、
すぐに近隣の方々へ手助けしている様子なども見て取れて、さすがだな、と。

他にも色々思うところはありますが、
携帯の充電に市役所まで行って3時間も4時間もかけてしまうという報道を見て
それはもうちょっと違う時間の使い方があるんでないのかな、
というのが一番怖いと思ったところであります。

被害の大きかったところの助けになるよう、邪魔をしないよう、
もうしばらくシャキッとしないとね。

がんばるべー。





















[PR]
by gokubuto-rock | 2018-09-10 10:28 | キャンプ | Comments(0)

粗塩を切らすという大失態で家の中が混乱しています。 shige☆D.O.G です!


ようやく晴れた!


b0199097_05551038.jpg



晴れたといってもこの程度。



b0199097_05562774.jpg


川遊びには十分な日差しでした。



b0199097_05591258.jpg


キャンプ場のオジサンはザリガニとかがいると言ってましたが、
小魚しか見つかりませんでしたね。 それでも楽しい川遊び。

この日はどこに出掛ける事もなくキャンプ場でたっぷり遊んでいましたが、
ちょっとした事件がありましたね。


小型犬を連れて女性が我々が遊んでいる川の方に散歩に来まして、
反対側から幼児にリードを持たせた別の家族が犬を連れて散歩していたワケです。
犬同士が互いの存在に気付いた瞬間始まりますよね。

まず幼児を仏恥義理すごいスピードで女性の連れた犬にガブリ。
犬同士はギャンギャンだし女性は半狂乱で自分の犬を守ろうと
リードを振り回して犬は首吊り状態だし周りの大人も動きが鈍いし
のどかな田舎の原っぱが一瞬にして地獄ですよ!

飼い主の方は自分とこの犬は大丈夫と思っているかもしれませんが
他人のいるとこで犬を放すとか、ホント勘弁してもらいたいです。
小型犬でも子供を振り切るくらいのパワーありますからね。

もっと驚いたのが、飼い主同士でなんとなく話し合いで収まったその後、
噛まれた側の犬の飼い主が幼児にリードを持たせて散歩させているというね。
もうアングリなんですが、愛犬家の方達は感覚違うのかなぁ?


日差しのあるうちにたっぷり遊びましたが
天気予報は夜から雨が降り出して朝もそれなりに降ってそう。

会議を開き明日朝撤収して移動しながら先の事を考えようという事に決定。
そうと決まれば雨撤収を楽チンにするためバージョンチェンジです。


b0199097_06194911.jpg

まあ、普段からコレでも良いんだよね。
自作の椅子とテーブルなので愛着はありますが、無くても困らんもね。


b0199097_06242497.jpg


雨が降り出す前に花火もやっとかんと!



b0199097_06264148.jpg


ん?



b0199097_06281845.jpg

何かピヨンとした筋が写ってますね。 きっとお盆ですね!



b0199097_06323680.jpg


予報に反して雨撤収回避、そして意味不明な妻のアピール。

阿寒湖を目指す事にしましたが走りだしたら、雨!


b0199097_06340472.jpg


シアンヌの滝見橋から見た阿寒川は、よく見ると紅葉が始まっておりました。



b0199097_06373916.jpg


雌阿寒岳も姿が見えず残念!


b0199097_06385599.jpg



熊の家藤戸でお土産購入。



b0199097_06383687.jpg


久々のオンネトー。



b0199097_06394866.jpg


駆け足なのは、小降りになったりもしますが
けっこう本降りだったのよ。


b0199097_06395383.jpg



お坊っちゃまが「ザリガニだ!」「あそこにハサミが見えてる!」としきりに騒いでおりましたが全く見えませんでした。 
目が衰えたのか、心が汚れているのか、その両方なのかは分かりません。


b0199097_06400154.jpg


オンネトーまで来たら野中温泉!


b0199097_06440470.jpg



野中温泉のおじいちゃんは、存命中の男性最長寿ギネス認定で日々記録更新中です! 
御歳113歳! スゴイ!



b0199097_06444084.jpg



千春先輩に対してパンチとは、恐れ知らず。



b0199097_06444431.jpg



一昨年壊れていた歌碑も修理されていました。


時折強く降る雨にどうしたもんかと車内会議。

「・・・帰るべ。」と! ビバ! 行き当たりばったり!


b0199097_06445131.jpg



道東道で初めての自然渋滞を経験してお盆キャンプ旅終了となりました。












.


[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-26 06:59 | キャンプ | Comments(0)

無性にフィッシュバーガーが食べたくなる時があります。 shige☆D.O.G です!


温根内ビジターセンターを後にして、さあどこ行こうかなと車内会議。
次は釧路湿原を上から見てみよう!という事で向かった釧路湿原展望台!



b0199097_06010457.jpg


入場料金のかかる展望台には見向きもせず木道を進んだサテライト展望台へ。



b0199097_06420672.jpg



ここへ向かう木道、体力に自信の無い方・楽をしたいという方なら
比較的なだらかな左から行って同じ道を帰ってくるコースをオススメします。
右から行きますと、ナカナカな高低差。 右側往復は「修行」となります。


b0199097_06011321.jpg


途中、妊婦さんや御年配のかたがヒーヒーフー言ってましたね。
我々は左側から入ってひと回り。



b0199097_06044764.jpg



吊り橋もあって楽しいんですけども!


たっぷり歩いた!
帰りにグリーンパークつるいで温泉に入りベースキャンプに戻ります。
この時、隣接する無料のつるいキャンプ場の様子を見ましたが、
繁忙期の仲洞爺や大沼状態で大混雑でした。



b0199097_06430511.jpg


こちらもナカナカの混雑具合になっておりましたがオートサイトはエリアが確保されているので、快適!

歩くとお腹が空きます。


b0199097_06095977.jpg



七輪最高なんだけど、コンパクトな焼き台は作れないものかと思案しております。



b0199097_06100677.jpg


それなりに遊び疲れます。



b0199097_06425433.jpg



ふと周りを見回すと、ほぼほぼ満場。
しかもよく見ると大方釧路ナンバーで、オートサイトもグループで使用しているとこばかり。
トラックで乗り付けて大きなスクリーンタープを連結し大人数でワイワイなんてとこもいくつかありました。

そんで我々は日が暮れると寒くて厚手のパーカーとか何ならフリース羽織ってたんですが、
釧路ナンバーの皆さんTシャツ短パンとか女性はノースリーブにホットパンツ的な方が大勢。

内陸の人が海に行く感覚で山に来ている感じなのでしょうか?
とにかく周りは全員漁師とその家族に見えましたね。


明日こそ天気になぁれと就寝です。


つづく











.





[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-25 06:36 | キャンプ | Comments(0)

週明けから稚内出張・・・走らさる!  shige☆D.O.G です!


特にどこに向かうかも決めてはなかったのですが、
釧路市内で食材やらのアレコレを買い込んで、
釧路湿原周辺を徘徊しつつ、鶴居村のキャンプ場に到着。


b0199097_06363013.jpg


無料のつるいキャンプ場に到着した時はナカナカの豪雨で、
しかも場内はガイロープが交差するほどでほぼほぼ満場!
とても快適には過ごせなそうだったので少し離れた場所にある
つるい村民の森オートキャンプ場を訪れる。

貸切! あまりの違いにアングリ。

無料は魅力ですが、ストレスを感じながら遊んでも面白くないので
こちらにベースキャンプ設営です。!
受付のおじさんがとても親切な方でしたね。

設営時は小雨でしたが、こういう時車が近いとやはり楽ですね。
オートキャンプ場はあまり利用しないですが、料金なりの便利さがあるね。

その辺で遊んでたら徐々に訪れる人も増えました。



天気の悪い日は、早々に七輪に火を入れます!


b0199097_06374532.jpg

やっぱりウマイ焼きじゃがりこ。



b0199097_06380397.jpg

夜になって隣に陣取った一人旅と思われるオジサンがカップラーメンを啜っているようです。

どうしてトランクが開けっ放しなんだろうと思って、
友達に写真添付でメールしたところ、

『 拉致したヤツに新鮮な空気を吸わせてやっている 』との返信。

・・・・優しいオジサンだね!


b0199097_06381071.jpg

明日何して遊ぼうかなぁ、雨が上がるといいなぁと早目の就寝。


翌朝スカッとは晴れませんでしたが雨は上がった!


b0199097_06400560.jpg

温根内ビジターセンターへ向かって釧路湿原を散策!

木道が整備されている事も前夜のリサーチで知りました。
行き当たりばったりは良くないかも。

と、思いきや!

b0199097_06402073.jpg


年2回しか開催されないという、レンジャーの無料ガイドウォークの日だった!
ビバ! 行き当たりばったり!



b0199097_11470810.jpg

10人程の方達と御一緒しました。
大阪から来たというお姉さんが放つ関西弁の質問がメンコかったですな!


b0199097_06404526.jpg

曇り空でも気持ち良い。


b0199097_06405894.jpg

ちびっこはお坊ちゃま一人だったので、レンジャーの方にたいそう構ってもらいました。
ありがたや。

ちなみにホワイトボードの絵は、かつて鶴居にあった養殖場が閉鎖になった時逃げ出して
この辺りに住み着いた『 ミンク 』だそうです。


b0199097_06403611.jpg

木道左手前に見える水溜りは『 谷地眼(やちまなこ) 』と呼ばれる所謂底なし沼。

用意されていた棒っこで深さを調べたら4mもありました。

これは自分達だけで歩いても見過ごしちゃうよね。

1km程を40分くらいアレコレ教えてもらいながらの散策はとても有意義だった!
年2回と言わずしょっちゅうやればいいのにね。

そこからは各自自由にということで、一番大回りのコースをのんびり散策。



b0199097_06414286.jpg

お坊ちゃま生意気ショット。


b0199097_06414994.jpg


タヌキは決まった場所にあつまって溜めフンをするそうです。
何ヶ所かありましたね。



b0199097_06413718.jpg
フキの葉にとまっていたコエゾゼミを捕まえました。

何故コエゾゼミと分かったかといいますと(ワタクシは昆虫疎い)、
デッカイ虫網を持って歩いていた大学生の集団が教えてくれました。
『・・・コエゾだね。』
『・・・うん、コエゾだ。』
『・・・どれどれ・・・ああコエゾだよ。』
湿原の生態系なんかを研究しているそうな。
頑張れ若者達!


最後にこの散策で一番盛り上がったツリフネソウの動画をアップ!
これもレンジャーに教えてもらったんだけど、
どうなるか、までは教えてくれなくて、
言われたとおり花を探してプックリ膨らんだ部分を摘んでみたと言うワケ。







激しくもささやか過ぎて、楽しい!



つづく







.

[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-24 12:18 | キャンプ | Comments(0)

しっくりくるレンゲが見つかりません。 shige☆D.O.G です!


羅臼でのお仕事最終日(予定)。

この日も雨がパラついておりました。

b0199097_13090276.jpg


前日チョロッと仕事を残してきてしまいましたので、
昨日同様崩浜地区へ向かいます。

ナカナカにビビりながら行った昨日と違って、
それなりにリラックス出来ましたが油断禁物です。


b0199097_06422842.jpg

雨の中、朝早くから昆布漁、お疲れ様です。
俺も雨の中朝早くから、ご苦労さん!


b0199097_06414918.jpg

チミも雨の中朝早くからお疲れちゃん!
何か喰えるもの、あるのかね?


仕事をササッと終わらせましての帰り道。

相泊港まであと200mほどというところまで戻った、その時!


b0199097_06411715.jpg

ん?


b0199097_06412634.jpg


ムムムー?!


お食事中の方はズビバゼン!


行く時はあったのだろうか・・・・
周りを見回しても気配はありませんでしたが・・・ザワッとした!


そしてその頃、お坊ちゃまはといいますと。


b0199097_06214216.jpg

札幌駅にて特急おおぞらに乗車!


ベースキャンプに戻って雨の中撤収。
熊の湯に浸かりサッパリしてから羅臼を後にしました。
雨の中でも最高に気持ちよかったっすな!

中標津でチャチャッと仕事を片付けまして、
合流するため釧路を目指します!


中標津の仕事前に立ち寄ったレストランで
そうでもないサガリステーキ定食にムーとなっていた頃、

b0199097_06215831.jpg

お坊ちゃま釧路到着! 長旅ご苦労さん!

暗くなる前に釧路で合流出来ましてホッと一息。
釧路は安宿をとって、末広徘徊!

夕食に寄った釧路食堂末広店は若いスタッフが元気良く迎えてくれます。

b0199097_12444265.jpg

BOTAマスに似た感じのお兄さんがカニを威勢良く盛ってくれますよ。


b0199097_06380460.jpg


『あいよ!あいよ!』



b0199097_12412420.jpg

自分もやりたいと懇願しまして、
最終的にタッパに載せてきたの全部行っちゃってましたね。
ありがたし。


b0199097_12411859.jpg

お土産にメッセージ入りのバナナまでもらいました。


いよいよ明日からは、お盆キャンプ旅の始まりです! (境界が曖昧)










.



[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-23 12:58 | キャンプ | Comments(0)

一番下の画像には動物の屍骸写真が含まれております。 shige☆D.O.G です!



熊の湯が効いたのか、サクッと朝早く目覚めて出発です。


ベースキャンプから海岸線を30分程北上して相泊港周辺に車を置き
目的地である崩浜地区まで歩きます。

ベースキャンプ付近はパラ程度でしたが
相泊に着くとそれなりな雨模様。

やらないと、終わらないので仕方ない。
クマ鈴つけてポンチョを着て、レッツゴー!


b0199097_05491891.jpg

自己責任の世界へ踏み込みます。


b0199097_16115383.jpg



こんな感じの番屋が立ち並ぶ岩場を雨の中進みますが、
山側のヤブがそれなりの丈になっていますので、
ヒグマが隠れていそうで恐ろしい。
ゆっくり様子を窺いながら進みます。

でも漁師さんや釣り人何人かと挨拶しましたね。
全くの孤独じゃなくて気分的に助かったです。

そう言えば斜里側の知床五湖を歩いた時
フィールドハウスで見たビデオで
『掛け声をしながら行くと良い』と言っていたな。

『ほいほーい!』(←ビデオではこのように言っていた。実話。)


b0199097_16181066.jpg




目的地周辺、カモイウンペ川河口付近に近付いてきました。
右側奥に 見えるのは観音岩と言うそうで、
知床岬はまだまだまだまだ先。
泊まりがけでないと行けません。

もう、ホントに怖いので出来るだけ海側を歩くよね。

道中漁師さんとちょっと話せたけど「普通に出てくる」と言っていたもんね。


片道約20分、現地滞在30分程でひとまず仕事終了!


走ると追いかけてくるかもと思って、
急ぎつつ警戒を怠らず無事車まで戻ってきました。

雨でグチャグチャになったので、朝風呂!


b0199097_05493590.jpg



相泊港のすぐ南にある相泊温泉!


b0199097_05494415.jpg



階段も斜めってるし、足場が悪いですがとにかくお風呂に入りたい。


b0199097_05495152.jpg




案の定貸切!



b0199097_05495533.jpg



時々消波ブロックの上までザパーン!と飛沫がたっておりましたが、
シャッターチャンスを逃しました。

こちらのお湯は熊の湯と違って丁度良い湯加減。
どちらかというとぬるめに感じますがゆっくり浸かれます。
気持ち良かった!

朝イチのこれで仕事終了というわけではなく、
市街地でも仕事がありましたので一度ベースキャンプに戻ります。


b0199097_11592339.jpg



野営場周辺は通信状態も悪くないので、
タブレットで資料のやり取りも出来たりと便利な世の中です。

時折雨が強くなるのがムーでしたが、
あちこち用を済ませて問題なく作業終了。

と、思ったら写真の撮り損ねに気付いてガビーン!
明朝も崩浜です。


b0199097_05501127.jpg



羅臼温泉野営場周辺もヒグマが出る可能性がありますので
極力調理はしないで済ませます。


寝る前にトイレに向かうと炊事場にキツネ!


b0199097_05501541.jpg



おめーにくれてやるモンはねぇ!
大概にせーよぉ!と声をかけておきましたが、
帰ってきたらワタクシのテーブル付近を物色中でした。

油断も隙もねぇ!
俺だって食い物を残したまま席を外す程トンマじゃねーよ!
コリャ!と怒鳴ったら逃げて行きました。


野生生物との距離感について象徴的な出来事がありますので
貼り付けときまーす。
都会に住む人は読んでおいた方が良いです。









b0199097_16463544.jpg



つづく









.







[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-22 00:40 | キャンプ | Comments(0)

後から知りましたが同じ時期飼犬がヤラレて埋められたそうです。 shige☆D.O.G です!



お盆前後のふりかえりですが、
最果ての町、羅臼に向かいました。
あくまでお仕事です。



b0199097_12091960.jpg



羅臼の市街地から約24km北上して道々の終点、相泊港周辺に車を止めて
番屋が並ぶ海岸を2km程徒歩で進んだ辺りの現地調査!

こちら知床、当然ヒグマの生息地となっています。
事前連絡等により各方面から得た情報に依ると、
道々の終点、相泊港までは車で行けるがその先は漁師さんの番屋が並んでおり、
昆布漁のこの時期一般車両は入れない、というか入るな、と。

相泊港から仕事の目的地までは2km程。
海岸線を徒歩で向かう事になると。

そしてヒグマはチョクチョク姿を見せる地域であると。


・・・・怖ぇ。

・・・いや、怖くねぇ!


出発してすぐ、早朝の札幌中心部を徘徊するクマを見ましたので!



b0199097_09424270.jpg

ま、ワタクシも人の事言えないクマ具合ですが!


ズドーンと中標津まで走りまして、
現地に住むお友達から情報を得ていたお店でランチタイムです。


b0199097_05470720.jpg

「ズドーン」とか言って出発から2行で札幌から中標津まで来てますが、
距離にして380kmちょいあります。
内地の人には想像し難いスケールではないでしょうか。
「津軽海峡冬景色」の冒頭半分強と言えば分かりやすいでしょう!

カッテージチーズのフライが乗っかったカレーを食べました。
スパイシーなカレーを好んで食べるワタクシですが、
牛スネをじっくり煮込んだビーフシチュー寄りの優しいカレー。
美味でございました。


中標津で1件仕事がありましたが、ちょっと時間があったので観光をねじ込みます!


b0199097_05471031.jpg

開陽台!


b0199097_09540487.jpg

看板通り、地球が丸く見えます!
・・・と言いたかったですが。


b0199097_05471385.jpg

すぐさま仕事に戻ります。


中標津から1時間半程走れば羅臼です。


b0199097_05471794.jpg

b0199097_05491596.jpg

b0199097_05485114.jpg

ロングドライブで記録が雑になっておりますが、
遠く国後島がボンヤリと見えております。
こうなると抗いようも無く「知床旅情」を口ずさんでしまします。


なんだかんだで羅臼~相泊を3回往復しましたが、
何度歌ったことか!  ・・・孤独な一人旅です。


b0199097_10065304.jpg

陽が傾いて来ましたので仕事は翌日からとしまして、
相泊に向かう道すがら北浜地区にあるルサ フィールドハウスで情報収集。
一般の観光客が訪れない山や岬に入る旅人にルールやマナー、情報を教えてくれる施設です。


可愛らしい女性職員の方に対応頂きました。

「相泊から崩浜ですか。普通にヒグマが出る地域なので気をつけて下さい♡」

「気をつけるといいますと?」

「クマ鈴を付けたり手を叩いて歩けば至近距離で遭遇することはまずありませんよ♡」

「遠くに発見した場合は・・・?」

「小熊が一緒の場合は退避すべきですが、単独の場合は様子をみてください♡」

「・・・様子といますと?」

「ヒグマは表情豊かですので、警戒してたりすると分かりますので♡」

「・・・ヒグマの顔色を窺え、と?」

「はい♡ あとは・・・感を働かせてください♡」

「・・・・(ガビーン!!) 参考になりました。ありがとうございます!」



雨のロングドライブでもありまして、クラクラしてきたのでベースキャンプ設営!


b0199097_05485867.jpg

羅臼温泉野営場!

あくまでお仕事です。


雨と汗をサッパリ流そうと向かいにある熊の湯へGO!!


b0199097_05490376.jpg


b0199097_10293464.jpg
拡大して見れる方は是非見ておいてください。
ちょろい入り方をしていると、地元漁師にドヤされますので御用心!
ま、御用心と言うか、普通に風呂の入り方躾けられてから来いと言う事ですな。

基本無料となっておりますが、
熊の湯は毎朝地元の方が清掃して維持されております。
入浴十カ条の横に神棚があって募金箱が設置されております。
大人なら、ワカルヨネ!?

b0199097_05490722.jpg

一瞬貸切!


屋根も壁もない、森の中のあっついお風呂に浸かって
ふぅ~と疲れが取れましたね。(女湯には壁が設置されております)

翌朝は相泊~崩浜地区へ向かいますので早めに就寝です。


つづく












.

[PR]
by gokubuto-rock | 2018-08-21 10:46 | キャンプ | Comments(0)

パネトーネのパンも美味しかった!  shige☆D.O.G です!


学校行事やらライブ予定やらをカレンダーに書き込んでおりまして、
油断するとあんましキャンプに行けなくなるぞ!とアガガガとなり、
さっそく赤平市エルム高原リゾートで遊んで参りました。


b0199097_07254599.jpg


『 リゾート 』 と言いましてもルスツやトマムのようにドカーン!とした所ではありませんで、
それでもとても手入れの行き届いた場所でした。

10数年前に一度来たことがありましたが、
その時はバッタが大発生していてプチプチ進まないと身動きも取れない状態に身悶えした思い出があります。


b0199097_06454092.jpg


天気はイマイチといったところでしたが、運動会が多い日だったせいか
金曜の夕方に到着したときは貸切り状態!


b0199097_07245222.jpg



ゴキゲンに遊びました!



b0199097_06453590.jpg


駐車場のすぐ横を陣取ってオートキャンプ!

川を挟んでホントのオートキャンプ場が整備されていますが、
料金がドーン!と跳ね上がるし、こちらの方が高台で見晴らしも良く、天候以外は言うことナシ!


b0199097_07285106.jpg


空いているので張り切って練習しますが、


b0199097_07285761.jpg


チョロっと遊んですぐ別の遊びをしたがる根性ナシ。

縄跳びも『100回くらい跳べるように練習してみれば?』と言うと、
『とりあえず、5回跳べるようにやってみるわ!』と悪びれもせず言ってのけ、
ギリギリ5回跳べたらすぐ自転車で場内を駆け回る落ち着きの無さ。


b0199097_07293265.jpg



ヘルメットかぶれっつってるべ。



b0199097_07262262.jpg



先日の誕生日にプレゼントしたオピネルのナイフ。
使い方を説明してる途中から使い始める。
ひとの言うことをあまり聞いていない。
・・・自分も通信簿に書かれたことがあるような、ないような。




b0199097_07265858.jpg

指を落とさない程度に怪我をして覚えて下さい。



土曜は風が強かったり気温も低かったですが
撤収日の日曜が好天となりまして、帰るだけじゃもったいないので寄り道です。


b0199097_07294088.jpg

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄!!


現在は引っ越してしまいましたが美唄には友人が住んでいたこともあり、
何度か来た事がありますが、お坊ちゃまはお初でした。
タタタッ!と入り口の山を駆け上がって、ワタクシが頂上に着いた時には
もう姿が見えないとこまで走って遊んでおりました。

その、上がる感じ、分かる!


b0199097_07303199.jpg


ここはホント素晴らしい。



b0199097_07331243.jpg


b0199097_07301331.jpg

コレ、結構上がったとこにあるんですけど、


b0199097_07315289.jpg

設置すんの大変だったろうなぁ。


b0199097_07342524.jpg


以前来た時よりも展示敷地が広くなっていて、作品の数も結構増えていましたね。



b0199097_07334090.jpg


ちょっと陰になって見えないところに配置されていたり、
林道を登って近くまで行くと下から見ただけでは分からない仕掛けがあったりと、
素晴らしいセンスだなぁと思いますね。



b0199097_07300647.jpg


キャンプをしていたエルム高原にも流政之さんという世界的な彫刻家の作品が
数多く展示されているんですけども、場所や自然との調和とか、
あと設置自体のやり方を見ると、エルム高原、もったいない感じになっちゃいますね。

台座の上に置かれちゃってるのと、乗ったり触ったりを想定して設置されてるのでは
それだけで受け取り方が違うもね。

妻が 『 ここの彫刻は澄ましてない。 』 と、なるほどな事を言っておりました。



b0199097_07302119.jpg

どこを見ても絵になるというか、一日中のんびりしていたい場所です。


あと、こちらは入場無料になっていますが、
体育館の展示場に運営資金の募金箱がありますので!


b0199097_07303693.jpg

美唄焼鳥の名店たつみで遅めのランチ。


鳥ダシの効いたそばととり飯。
勿論串も付いたランチに大満足して帰って来ました。

長栄堂という老舗の御菓子屋さんがありますが、
運が良ければクルミ餅の切れ端を分けてもらえます。
ウマいんだよ、これが。


来週はお坊ちゃまの運動会。
乞う好天!








.


[PR]
by gokubuto-rock | 2018-05-28 13:35 | キャンプ | Comments(0)

誰かシナロケのドラマ録画してないですかね?  
 shige☆D.O.G です!

b0199097_06125678.jpg


熱気球の街、上士幌キャンプ。
マンホールがメンコイですな。

b0199097_06124249.jpg


前夜のゼーゼーも回復した様子のお坊っちゃま。
天気も回復!と行けば良かったですが朝方の一時だけでしたね。

本当は十勝の雄大な景色を楽しみながら・・・と行きたかったワケですが、
雲行きも怪しかったので近場をポタリング。



b0199097_06124796.jpg


・・・既に雄大感ありましたね。 スゲー雲だな。



b0199097_06135557.jpg


マンホールもバルーンなら街灯もバルーン!


b0199097_06181892.jpg


歩道もバルーンでございます。


地元スーパーは置いてある食材に特色が出るのでチョイチョイ寄ります。

こどもの日だったこの日は、スペシャルなセールが開催されておりました!


b0199097_06212387.jpg


ナイタイ和牛1,000円均一セール!

普段はグラム1,000円以上すると思われる高級食材が1パック1,000円!
ちょっと他ではお目にかかれないのではないでしょうか!?

しかもよーく見ると、当然部位によって値段は違うワケですが、
正規で1パック1,500円くらいのヤツも1,000円。
正規で1パック2,500円くらいのヤツも1,000円という、大雑把な1,000円均一!


b0199097_06212559.jpg


それでもグラム500円程のお肉は我が家にとって超高級品ですが、
こんな機会でもなきゃ口に入りませんのでプルプル震えながら購入!
夕飯は豪華な焼肉になりますね。

あと札幌ではまず見ない足寄の豆腐が売ってたのでお味噌汁に入れて頂きました。
美味しかった!


b0199097_21305373.jpg


午前中近場の上士幌市街地をアチコチ自転車でウロついて、
また天気がアレな感じになって来たのでこの日も潔く温泉!
目指すは今年開湯100年の記念すべき年だという、糠平温泉郷!



b0199097_21314798.jpg

ちょっと雨の中自転車では切ない距離なので、車でGO!! です。
字体が独特だったので記念撮影。

とても親切で感じの良いスタッフばかりだった観光案内所で
パンフレットを色々ともらって来たのでリサーチしながら向かいます。


b0199097_06184733.jpg


途中、旧士幌線が走っていたアーチ橋の跡が何カ所か残っており観光スポットになっております。


b0199097_06185790.jpg


上を歩けたり、線路を残してトロッコに乗れるところもありました。
雨だったからトロッコはやめました。


b0199097_06195048.jpg


糠平湖の畔まで歩いて降りてゆくワタクシとお坊っちゃま。
妻はダム湖特有の殺伐とした風景が好きではなく、降りずに遠くから撮影してるというワケ。
なんとなく、気持ちは分からんでもない。


b0199097_21345805.jpg


落ちていた先の折れた釣竿を拾って釣り気分。


b0199097_06205057.jpg


ダムの水位が上がると水没して見ることの出来ないタウシュベツ川橋梁。


あと興奮し過ぎて全く写真を撮ってませんが、
糠平温泉郷にある 『 ひがし大雪自然館 』 は是非とも時間を多めにとって立ち寄るのをオススメします!
昆虫標本とか剥製の展示とか字で書くと全く面白くなさそうですが、とても素晴らしい施設だと思います。


b0199097_06210108.jpg


車内家族会議で選んだのは 『 湯元館 』!

ここの露天風呂は最高だった! 
内湯も広くて檜風呂なんかもあって。
旦那さんの対応もおだやかで丁寧、老舗の風格があります。
ところどころボロくなっているのもまたヨシです。

なんか行くとトコ会う人、ことごとく良い感じで
一瞬移住を考えてしまいましたが、実際道内でも移住者の多い町だとか。

ふーん。

b0199097_06225437.jpg


夜はお楽しみのナイタイ和牛を美味しく頂きつつ、焚き火を眺めてウイスキー。
最高でした。


b0199097_06233394.jpg


撤収の合間にちょっと森に入ってタランボゲット!

開湯100年糠平温泉すごろくをお土産に買って帰って来ました。 コレ、ちょっと面白い。


b0199097_06234070.jpg

また来たくなる上士幌キャンプでした。










.

[PR]
by gokubuto-rock | 2018-05-07 22:19 | キャンプ | Comments(0)

管理人さんのリーゼントの決まり具合と管理のユルさにシビレました。 shige☆D.O.G です!


連休後半は全道的に天気予報が悪かったので、
さてどうしたもんかと検討した結果
比較的天気の良さそうな十勝方面へ向かう事にしました。

b0199097_06084379.jpg

積める車になって荷物が増える堕落ぶり。イケマセンね。もっとシンプルに行こう。



一昨年頃から仕事で足寄なんかにはよく来ていましたが、キャンプは久しぶり。
悪天候時のオプションも考えて上士幌の航空公園キャンプ場に決定!

初めて訪れましたが、バールーンフェスティバルが開催される広場を中心に、
球場やパークゴルフ場や滑走路もある広大な敷地にあります。
ラジコン飛行機を飛ばしている人がいて、そのスピードと轟音にビックリ。

炊事場は熱気球をイメージした屋根になっておりますが、
連休中にも関わらず他には数張り。
キレイな芝を贅沢に使って設営出来ました。


b0199097_06094856.jpg


広い芝生貸しきりでゴムボールで野球やサッカーをして遊ましたが
天候は不安定で陽が出るとポカポカあったかいんだけど、
曇って風が吹くとナカナカの寒さで、
気分良く森を散歩している最中に雨が降るという日頃の行いの悪さ!



b0199097_06095672.jpg
↑急に雨が降って14時頃の空とは思えない暗さ。 ズブ濡れ。



こういう時は原っぱで遊んでいてもアレだので、お出かけ!


b0199097_06085861.jpg

人気のパン屋さん。

アップルデニッシュ激ウマ。


b0199097_06090018.jpg


地元ナイタイ和牛を使用したハンバーグサンド。 コレもウマイ!



出張時に立ち寄った事があり是非とも家族を連れて来たかった芽登温泉まで足を伸ばしました。


b0199097_09311517.jpg

運が良ければ露天風呂からフクロウや鹿が見られるそうですが、今回は残念。
でもとっても気持ち良いお風呂でした。

内湯は湯船が2つありまして、大きい湯船が普通の温度
小さい湯船が熱っつい温度となっております。
熱っつい方に油断して入ると 『 ぬぅがぁぁっづぅ~! 』 となりますので御用心。


道すがら鶴を発見。

b0199097_06100906.jpg

道東です。



お風呂上りと言えば、ソフトクリーム。
お坊ちゃまの強いリクエストと、お友達からオススメのお店と教えてもらった
DREAM DOLCE へ寄ってみました。

b0199097_09493774.jpg
かなりシャレた感じのお店で、大人気のようです。
かなりの種類があるアイスクリームのケースがドーンとありまして、
その魅せ方が素晴らしかったね。

そして目当てのソフトクリームに、シゲキ衝撃!


b0199097_06100779.jpg

角の無いルックスも驚きですが、食べて二度ビックリ。
冷たい生クリームというか、溶け方が軽いのに味が濃い。
スイーツに詳しいわけではないですが、ランキング初登場第一位となりました。


b0199097_06100428.jpg

ソフトクリームを食べてキャンプ場に戻ると
テントが何張りか増えていましたが広々加減は変わらず。
管理人さんは常駐しておらず、ちょうど戻ったときに料金徴収に来ていました。
無粋なチェックイン・アウト時間も設定されておらず、
立ち話しした管理人さん、多分役場の方でしょうがとても良い感じ。
どこもこんな感じで良いと思うけどね。


せっかく秘湯に入って温まったのにソフトクリームで冷ましたせいか
夕方の冷たい風にヤラレましてお坊ちゃまがゲホゲホ言い出して
この日は早々に寝袋に収まりました。












.


[PR]
by gokubuto-rock | 2018-05-07 10:11 | キャンプ | Comments(0)